国産広葉樹活用プロジェクトセミナー 特別編

~脱炭素社会における木材利用について~

開催日時:2022年2月25日(金)15:00~16:30
開催場所:オンライン(ZOOM)・「studio kino style」より中継
時間: 2022年2月25日 03:00 PM 大阪、札幌、東京

申し込みフォーム
https://forms.gle/r9jGK4vfuq1HvC4K9

※パネラーの会場は、清水建設㈱ショールーム「studio kino style」となります。
1.パネルディスカッション(約1時間10分)

2020年10月、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラルを目指すことを宣言しました。世界の平均気温は2017年時点で、工業化以前と比べ、既に約1℃上昇したことが示されています。このままの状況が続けば、更なる気温上昇が予測されており、「気候変動」への早急な対応が求められます。 今回の特別編セミナーでは、生態系の研究機関や、木材を活用する大手企業が「どのような脱炭素社 会を目指していくべきなのか」「特に目指す上で、持続可能な森林管理・木材利用とはなにか」 「それらを実現するための課題はなにか」について、ご講演いただくとともに、パネルディスカッションを通じて今後の脱炭素社会のあり方についてご意見を頂戴します。

※今回の特別編セミナーでは、本プロジェクトとは異なる視点をもって建設分野やバイオマス分野との意見交流を図ることで、持続可能な森林資源の活用について考えていきます。

1.講演会・パネルディスカッション
コーディネーター:Andeco 代表取締役 早川慶朗
パネラー:神戸大 東助教、清水建設 設計本部
1 (5分)セミナー概要説明  株式会社Andeco 代表取締役 早川 慶朗
2 (10分)神戸大学 農学研究科 助教 東若菜
『森林の資源利用と生態系保全ー人の営みが支える地域生態系ー』
3 (10分)清水建設 設計本部 末森憲義
『kino kumi ―森林事業の循環サイクルを活性化する、シンプルでフレキシブルな組木の展示棚―』
4 (10分)信州ウッドパワー株式会社 代表取締役 陰山恭男
『森林資源循環活用バイオマス発電』
・東御市における地域の未利用木材を燃料としたバイオマス発電
・発電を手段とする、地域の森林再生と林業振興、地域の活性化
・温暖化抑止と森林資源大国である日本の有るべき森林資源循環型社会の構築
5 (30分)パネルディスカッション 『脱炭素社会における木材利用について』
6 (10分)質疑応答

~休憩5分~

2. 国産広葉樹活用プロジェクト 進捗報告会(15分)
1 進捗報告  株式会社Andeco 早川・西川
2 展示品の公開

関連記事

PAGE TOP