社名の由来の巻

移動販売 建築 andeco アンデコ

初回投稿から間があきましたが、やっとこさ2回目の投稿です。

 

 

移動販売 建築 andeco アンデコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Andeco という社名の由来について。

 

創業するときにあたり、前に会社で仕事をしていた方から、

「アとかAで始まる方が、リストの最初に来るか良いよ」という

ことを覚えておりまして、ベタベタなセオリーから考え始めまして、

Aとアから始まりだーと。

 

企業理念といいますか、仕事をするにあたり、もともと学生の時に、

将来、環境関連のビジネスをやりたいなと思っていた事、

建築学科にいたことからデザイン的な分野に興味があった事、

IDEOみたいな企業も興味あった事から、

design ecology and economy  for liveable

楽しい生活のために、環境と経済活動をデザインする

というスローガンとなりました。

 

上記の文を、いくつか入れ替えて出来たのが、

Andeco という社名でした。

あとは、ドメインチェックで、.comは、すでにありましたが、

まずは、日本でやるので、これで進めようということにしまして

創業が始まりました。

 

ecology と economy と、日本語で環境や、経済と訳されていますが、

対立概念ではなく、根源は、おそらく同じところに由来するのではないかと

私は考えております。

 

様々な環境への配慮が考えられていますが、

環境を破壊するのも経済活動であれば、それを守ったり、維持するのも

ある意味経済的活動が必要だという考えから、

これらを両方、考えて「いい塩梅」にするというのが、

デザインではなかろうかというのが、今日に至った次第です。

どうも日本では、デザインというと、見た目(意匠)的な

ニュアンスだけに捉えられがちなのですが、

ようやくデザイン思考という言葉が普及してきたように、

広義なモノの考え方というのが、理解され始めているのではないかと思います。

環境と経済活動ですが、フェースブックが、太陽光発電の電気でサーバーを運用するように、

ビジネスと環境への考え方が、直結する時代になりつつあるなかで、

次の世代のビジネスにとって、環境とどのように付き合っていくか、

それは一つの哲学でもあると考えます。

 

オチもなく、普通のお話になっていましまいましたが、

今日は、この辺で終わります。

 

 

先日、幼稚園で、七夕の笹にかけられた短冊を見ていたところ、

「まわらないおすしがたべたい」という純朴な願い事を読みまして、

ほっこりした気分になりました。

もっと、昔、小さい頃は、シンプルに考えていたこと、

それを思い出させてくれました。

関連記事

  1. アンデコ 代表 早川 慶朗
  2. 謹賀新年
  3. matsuri 神輿
PAGE TOP