東洋経済の記事で、

「屋台ブーム」ということで、屋台の世界が取り上げられております。

隈研吾も参入!建築界「屋台ブーム」の舞台裏 | 三浦展の研究ノート「街を読む、データを歩く」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

副題が、[街を「人間の居場所」にするために必要なこと]

とありますので、 ヒューマンスケールといいますか、あまりに商業化、合理化、効率化されすぎた

都市や、建築の中で、手作りというか人のスケール感にあったものが

あらためて見直されているのではと感じております。

記事の詳細は、リンク先の記事をお読みください。

 

その屋台の世界に、Andecoとしては、テクノロジーを入れることによって、

現代の世界に対応した屋台にしていくことをめざしております。